山形県遊佐町「鳥海山の麓」でコシヒカリ、ひとめぼれ、ササニシキ、はえぬきの特別栽培米を生産、販売を行っております。
電話番号・FAX番号
  • コラムのメイン画像

お米の上手な保存方法

全国的に人気の高いコシヒカリでも、そのおいしさは保存方法によって大きく左右されます。せっかくのおいしいお米を無駄にしないためにも、自宅でできる保管のコツを実践してみてください。

お米の上手な保存方法

お米の弱点とは?

お米の保存方法に悩んだことはありませんか。一人暮らしでなかなか減らずに傷んでしまったり、
夏場に虫が発生したりという経験をお持ちの方も多いでしょう。

お米には、いくつかの弱点があり 保存方法を間違えるとせっかくのおいしいお米を台無しにしてしまいます。その弱点というのが、高温や湿気なのです。そのため、長期保存が難しく正しく保存しないとカビや虫、酸化などによりおいしさを損ねます。

いつでもおいしいお米を口にするためには、正しい保存方法を知っておくことが大切です。

お米の保存ポイント

お米の保存には、大きく3つのポイントがあります。自宅で実践することで、これまでの保存に関するお悩みも解決できるでしょう。

保存容器

一般的に、お米は米びつで保管されていることが多いものです。しかし、蓋をしっかり閉めていなかったり古い米が残ったまま新しい米を補充したりすると、酸化や匂い移りの原因になります。
新しいお米を入れる度に、米びつを清潔にすることが大切です。また、空気に触れることで乾燥や酸化を進行させてしまいますので密封できるものを選びましょう。

保存場所

お米の保存場所は、高温多湿の場所を避けることが大切です。米びつを流し台の下や、ガスコンロ下の戸棚にしまっているご家庭も多いと思います。使い勝手の良い場所ではありますが、閉めきった空間は温度や湿度が上がり虫が発生する原因にもなります。お米は、温度や湿度が低く暗い場所で保管するようにしましょう。自宅でお米の保管に最も適した場所は、冷蔵庫の野菜室です。

保存期間

お米も、野菜や果物と同じように鮮度が大切です。そのため、時間が経つのと同時においしさも失われてしまいます。購入の際には、おいしいうちに食べきれる量を目安にして購入するのがおすすめです。冬場なら約2ヶ月、春や秋なら1ヶ月、夏の暑い時期は2週間くらいで食べきれる量を目安にすると良いでしょう。コシヒカリなどのブランド米や新米は、おいしいうちに食べることに意味があります。お得だからと言って大量に購入してしまっても、品質が落ちてしまっては意味がありません。
おいしいお米を、おいしく食べる工夫を心がけましょう。

さとう農園の通販では、山形産のおいしいお米をお取り寄せすることができます。5kg・10kg・30kgとバリエーション豊富に販売していますので、是非ご利用ください。コシヒカリはもちろん、ササニシキやひとめぼれなど多くの方に好まれているお米が揃っています。

特別栽培米のコシヒカリ、ササニシキ、ひとめぼれなどの通販【さとう農園】/ 山形県 概要

サイト名 株式会社さとう農園
所在地 〒999-8525 山形県飽海郡遊佐町直世尻地48
電話番号 0234-72-2637
FAX 0234-72-2745
URL http://sato-kome.jp
業務内容 特別栽培米・庄内米の通販
説明 コシヒカリなどの特別栽培米を通販でお届けしている【さとう農園】です。つや姫やひとめぼれ、はえぬきやササニシキといった様々な品種を栽培しております。5kgと10kgをご用意しているほか、庄内米は30kgにて販売しておりますので、ご家庭に合わせてご注文ください。産地直送の農家の米は、店頭では味わえませんので、この機会に是非お取り寄せください。山形の大地が育んだ、おいしい特別栽培米・庄内米をご賞味ください。
日本
都道府県 山形県
市区町村 飽海郡遊佐町
TOP