山形県遊佐町「鳥海山の麓」でコシヒカリ、ひとめぼれ、ササニシキ、はえぬきの特別栽培米を生産、販売を行っております。
電話番号・FAX番号
  • コラムのメイン画像

お米をおいしく食べるには

お米をおいしく食べるには

昔から主食とされてきたおは、全国で数多くの
品種が栽培されており、米屋や通販で産地直送のお米を手に入れることもできます。

コシヒカリをはじめササニシキひとめぼれなど多くのブランド米が存在していますが、炊き方一つでよりおいしくもなれば、おいしさを失ってしまうこともあります。

お米をおいしく炊くコツを知ることで、毎日おいしいお米を口にすることができます。

お米をおいしく炊くコツ

洗い方

洗米の時、力を入れてゴシゴシ洗っているという方も多いと思います。しかし、お米は洗うというよりも水にさらすというイメージで洗米することがポイントです。たっぷりの水で、4~5回を目処に
洗いましょう。水の濁りが気になる方もいらっしゃると思いますが、濁りがなくなるまで洗う必要はありません。

水加減

水加減は、お米の食感を左右する大切なものです。近年では炊飯器の目盛り通りに水を入れることで、おいしく炊くことができます。ほんの少し水の量を調整することで、料理に合わせて固め・柔らかめのご飯を炊くこともできます。新米は水分量が多いため、通常よりも少し少なめに水を入れると良いでしょう。反対に、無洗米の場合は1割増を目安に水を入れるとおいしく炊き上がります。

炊き方

炊飯器で炊き上がったお米は、すぐ蓋を開けずにしばらく蒸らすのがポイントです。お米を返す時は、釜の底からさっくりと返すようにしましょう。蒸らすことでお米の内部まで、水分が均一に行き届きます。この一手間が、炊き上がりをおいしくします。

ひと工夫でさらにおいしく

ひと工夫でさらにおいしく

炊飯器技術が進化している現代では、炊飯器にセットしてスイッチを入れるだけで十分においしいお米が炊けます。しかし、そこにひと工夫するだけで、よりおいしいお米を炊くことができます。

少量のお酒やみりん、サラダ油を加えるというのは広く知られている方法でもあります。また、備長炭を入れたりにがりを加えるという方法もあります。

人それぞれに好みがありますので、様々な方法を試してお気に入りの炊き方を見つけてみるのも良いでしょう。

産地直送のおいしいお米なら

産地直送のおいしいお米を購入するなら、さとう農園をご利用ください。山形産のはえぬき
つや姫、コシヒカリなどおいしいお米を取り揃えています。5kg・10kg・30kgとありますので、使い勝手に合わせてご購入いただけます。

特別栽培米のコシヒカリ、ササニシキ、ひとめぼれなどの通販【さとう農園】/ 山形県 概要

サイト名 株式会社さとう農園
所在地 〒999-8525 山形県飽海郡遊佐町直世尻地48
電話番号 0234-72-2637
FAX 0234-72-2745
URL http://sato-kome.jp
業務内容 特別栽培米・庄内米の通販
説明 コシヒカリなどの特別栽培米を通販でお届けしている【さとう農園】です。つや姫やひとめぼれ、はえぬきやササニシキといった様々な品種を栽培しております。5kgと10kgをご用意しているほか、庄内米は30kgにて販売しておりますので、ご家庭に合わせてご注文ください。産地直送の農家の米は、店頭では味わえませんので、この機会に是非お取り寄せください。山形の大地が育んだ、おいしい特別栽培米・庄内米をご賞味ください。
日本
都道府県 山形県
市区町村 飽海郡遊佐町
TOP